PR 関ジャム

EIGHT-JAM 2024年6月23日 亀田誠治特集(KREVA、新井和輝、アイナ・ジ・エンド)

大好きな音楽番組
「EIGHT-JAM (旧 関ジャム 完全燃SHOW)」(日曜日 よる11:00~、たまに11:30~)のまとめ記事です。

EIGHT-JAM」は、プロミュージシャンの方々が、

音楽理論、音楽の奥深さなどを楽しめて学べるので、とても大好きな番組です。

こちらでは、メモ程度に残させていただいております。

気軽に、楽しんでいただければ嬉しいです。

アーティストゲスト

アーティストゲスト

亀田誠治
・KREVA
・新井和輝(King Gnu/MILLENNIUM PARADE)
・アイナ・ジ・エンド

KREVA
亀田と多くの作品でコラボするほか、日比谷音楽祭をはじめライブでも多数共演
【亀田プロデュース作品】
・The THREE「裏切り御免」、「恩返し」
・MIYAVI vs KREVA「STRONG」など

井和輝(King Gnu/MILLENNIUM PARADE)
King Gnuのベーシスト。
高校生の頃、東京事変のコピーバンドをやっていた。

かなりベーシストとして影響を受けてるし、サインもいただいた
(ベースマガジンを買い始めて2,3冊目のベースマガジン。)


イナ・ジ・エンド
2018年プロデュースでプロデビューしたアイナ・ジ・エンド
【亀田プロデュース作品】
・ソロデビュー曲「きえないで」(2018年)
・1stアルバム「THE END)(2021年)
・主演ミュージカル「ジャニス」(2022年

(アイナ・ジ・エンドさん)
初めてのアルバムも亀田誠一さんが全部プロデュースしてくださったり、
レコーディングとかもケーキを一緒に食べてディズニーの話など…

(亀田誠治さん)
僕、乙女よ(笑)

横山さんコメント
実は、今関係が一番深いのは僕ですよ

(亀田誠治さん)
なぁ🎵

(横山さん)
ずっとサウナで会っててん!
昨日も会いました(笑)

亀田誠治 が手掛けた名曲集!

🎵「春の歌」スピッツ(2005年)
「ガーナミルクチョコレート」など多数のCMソング

🎵「瞳をとじて」平井堅(2004年)
売上90万枚で2004年度の年間シングルランキング1位

🎵「風が吹いている」いきものがかり(2012年)
NHKロンドンオリンピック・パラリンピック放送テーマソング。

🎵「鱗(うろこ)」秦基博
本作で初めて秦をプロデュース。ベースも亀田が演奏。

🎵「桜の花、舞い上がる道を」エレファントカシマシ(2008年)
本作でエレカシと初タッグ。
以降、「新しい季節へキミと」「Destiny」プロデュース。

🎵「やさしさで溢れるように」JUJU(2009年)
亀田は編曲だけでなく作詞やベース演奏も。

🎵「エンディング」back number(2012年)
3rdアルバム「blues」収録。

🎵「DARK RIVER」GLAY(2013年)
GLAYと亀田の初タッグ。以降、多くの楽曲をプロデュース。

🎵「DIGNITY」Ado(2023年)
楽曲提供:B’z、編曲:亀田誠治の豪華タッグ。

🎵「春の歌」スピッツ(2005年)

亀田誠治の仕事

亀田誠治の仕事

1⃣1989~1990年代 キャリアスタート期
2⃣2000年代から  オファー爆増期
3⃣2010年代~現在 新たな挑戦期

亀田誠治の仕事_1.1989~1990年代 キャリアスタート期

CoCo
フジテレビのバラエティー「パラダイスGoGo!!」から誕生。
亀田は楽曲コンペで採用され作曲家・アレンジャーに。
亀田が初めてアレンジしたシングル「夏の友達」がオリコン3位になるなど、
キャリアスタート後すぐにヒット。

亀田誠治さんコメント
曲を書いてたらアレンジもいいねと…
CoCoっていうアイドルグループのアレンジもやってみないかと…
いきなりそれが オリコンの3位。

当時そのバブルとかの余韻もあって、めちゃくちゃおおらかな雰囲気なので、
この亀ちゃんっていう若い子にやらせてみていいんじゃない」みたいな
チャレンジさせてくれるわけ。
なので下積みの大変だったっていう感じがあんまりなかったです

亀田誠治 が携わったアーティスト

90年代は主にアイドルを中心に作曲や編曲を。
・CoCo
・西田ひかる
・ribbon
・観月ありさ
・内田有紀
・永作博美
・ともさかりえ
・森口博子
・相馬裕子 など

椎名林檎 1998年にデビュー

1998年「幸福論」でデビュー
「師匠」と呼ばれ、多くの作品を編曲!

「歌舞伎町の女王」(1998年)
2ndシングル。ベースは亀田、ドラムは椎名林檎が演奏。

「ここでキスして。」(1999年)
3rdシングル。この曲のヒットで人気が急上昇。

1stアルバム「無罪モラトリアム」160万枚

「本能」(1999年)
4thシングル。ナース姿でガラスを叩き割るMVが話題に。

2ndアルバム「勝訴ストリップ」250万枚

🎵「幸福論」椎名林檎(1998年)

🎵「本能」椎名林檎(1999年)

椎名林檎 プロデュースの経緯 音楽性ではなく人柄エントリー

亀田誠治さんコメント
レコードメーカーのプロデューサーから電話がかかってきて、
「すごい新人がいる、今まで聴いたことのないような歌詞、
聴いたことのないようなメロディー。もうどういう風に扱っていいのか分からない。」


当時は小室さんブームだったりとか、ミスチルのバンドブームだったりとか、
ああいうサウンドが溢れている中に、この女性のシンガーソングライター、情念を歌って
めちゃくちゃ文学的な文語調だったりとか、どういう風にこのアーティストを扱ったらいいのか分からない

でも亀ちゃんだったら人柄がいいから向き合ってくれるんじゃないか」と…
音楽性じゃないですか!?」と…(笑)

(KREVAさん)
俺が今まで音楽業界で会った人の中で、いい人ランキング多分1位…
三浦大知と競ってる…(笑)

亀田誠治さんコメント
林檎さんと初めて会った時、自己紹介じゃないですけど…
私、マライアキャリー好きなんです
私、映画サウンドオブミュージックの 音楽が好きでって言って、
こう、マリアの真似して歌ってくれたりとかはするわけです。

で、 ザ・ピーナッツも好きですとか言って、あと、美空ひばりさんも好きです、
で、ビートルズのホワイトアルバム、僕のレコードだから引き出してや、
Yer Blues」が好きですとか始まっちゃったりとか、
あ、でも、1番好きなのはMAXですって言って、こう、振り付けまでして

で、僕はその時に、
あれ?時代とかジャンルとかそういったことで、音楽を捉えてない、新しい世代が生まれてきたんだ」と、
この林檎さんとだったら、なんか新しいサウンドを作り出せるんじゃないのかなと思いました。

(村上さん)
どこまで、どういうプロデュースしていこうと…?

(亀田さん)
もう僕が出会った時に「無罪モラトリアム」から「勝訴ストリップ」に
収録されているほとんどの曲が、林檎さんがカセットでデモテープ
で作ってました。

早熟!

本当に早熟で、でも、自分のバンドでやってるバージョンもあったりとか、
ピアノの弾き語りみたいなのもあったりとか、なんかちょっとだけのドラムと
ピアノの打ち込みだけみたいなのもあった。
で、それをじゃあどうしていこうかと…

1週間、ちょっと僕にこの曲を預けてくれる
なんつって。
僕はもうやりたい放題。
やりたいことをやって聴かせるわけ。
100%亀注入して…

聴かせると、
これがまたきゃっきゃきゃって喜ぶの。
うわ、面白いとか。こんなん聴いたことないとか
その頃から僕と林檎さんたちの間で、レコーディングミュージシャンもそうなんですけど、
「ないがち」っていう言葉が流行り出して「ありがち」の反対。
聴いた事がないからかっこいい!
「うわー、これないがち」と言ってみんな喜ぶという…

当時のレコーディングメンバー

・ボーカル:椎名林檎
・ベース:亀田誠治
・ドラム:河村"カースケ"智康
・ギター:西川進、鈴木玲史

亀田誠治さんコメント
やっぱりさっき言ったそのヒットチャート見たじゃないですか。
時代の音楽っていうのがあって、レコードメーカーの人たちとかは、
何か流行のエッセンスを感じるもの、トレンドを掴んでほしい
っていうところがあって、
どうにかここはちょっとさすがにこの歌詞はなんとかしないとか で、
僕は何度も僕だけ呼び出し食らうんですよ。もうちょっと軌道修正みたいな。
「トライしてみます!」など言いいながらも
さらに俺たちのやりたいことを送る(笑)

そしたら、「あれ、これいいね」みたいに、だんだんか空気が変わって、
最後はもう、これは最高ですと…

🎵「Yer Blues (Remastered 2009)」The Beatles

椎名林檎作品 亀田アレンジのスゴさはなんと言ってもこの曲!_丸の内サディスティック

丸の内サディスティック(1999年)
・繰り返される浮遊感のあるオシャレなコード進行
サビまで入らないベース

🎵「丸の内サディスティック」椎名林檎(1998年)

🎵「幕の内サディスティック」東京事変

新井和輝さんコメント
なんと言ってもこの曲!
コード進行が「丸サ進行」と称されるくらい有名で、
のちに多くのヒット曲にも使われており、 ベースがサビまで入らないことで、
サビに入った瞬間のアンサンブルの広がりやベースの存在感が逆に強調されている名アレンジ
ベースソロも秀逸です!

丸サ進行(Just The Two Of Us進行)

新井さんから亀田さんへ質問
Q:「丸の内サディスティック」のサビまで入らないベースやベースソロは誰のアイデアですか?
コード進行は林檎さんが決めている?
この曲のプロデュースの経緯を隅々まで聞いてみたいです。

(新井さん)
楽曲に対してベースが効いてるのって、
ベースがあるかないかが1番大きいと思ってるんです。
それが1番効果があることなので、それをこの曲はもうサビまで 弾いてない。
普通こういう曲だったらイントロがあって、イントロにベース弾いてて、
Aメロからなくなるとか、セオリーみたいな感じなんですけど、
それを全く無視してこうサビまで取っといてるっていうのが、
結構勇気があることだなというか。なかなかできないよな。
改めて聞きたいです…

(亀田さん)
僕の中でサビに向けてのカタルシス(解放)みたいなのがあるんですよね。
それはこう、我慢して、ドン!って出す場合とか、いろんな形があるんですけど。
でもこの「丸の内サディスティック」に関しては、サビからベースが入って
ドンっていくようになったのは、これは僕のアイデアだったと思います

丸サ進行は初めからもう林檎さんが曲の時点でありました
これ覚えてるのは、すごい簡単なドラムマシーンとピアノと歌だけのデモテープでした。
元々林檎さんが持ってきたのは…

それで、そこから 僕がじゃあバンドサウンドにしようって言って、
林檎さんのピアノが良かったから、林檎さん弾いてっつって、、
で、ピアニカを弾いてもらって。ピアニカソロにしようと思って、
ベースソロになった部分のコード進行っていうのは僕が考えたんだけど、
「ピアニカのソロにしてくれる?」っていう風に話をしたら、
「師匠のソロ」と一言…(笑)
(それで亀田さんのベースソロになりました)

(新井さん)
ソロは何テイクぐらい録ったんですか?

(亀田さん)
その時の瞬間の喜びにエクスタシーを感じるメンバーなので、多分2,3テイク

(新井さん)
スゲーっすね

亀田誠治の仕事_2.2000年代から オファー爆増期

2000年代 オファー爆増期


・2000年 Do As Infinity 初プロデュース
・2001年 スピッツ 初プロデュース
・2002年 平井堅 初プロデュース
・2004年 東京事変 結成 (40歳で初のバンドデビュー)
・2005年 Bank Bandにベースを参加
・2006年 いきものがかり 初プロデュース
・2007年 秦基博、アンジェラ・アキ 初プロデュース
・2008年 チャットモンチー 初プロデュース、The THREE 結成
・2009年 フジファブリック 初プロデュース、JUJU プロデュース

亀田誠治 が手掛けた名曲 2000年代~

🎵「罪と罰」椎名林檎(2000年)

🎵「Yesterday & Today」Do As Infinity(2000年)
中山美穂と金城武 主演ドラマ「二千年の恋」の主題歌

🎵「さわって・変わって」スピッツ(2001年)
25thシングル。この曲でスピッツを初プロデュース。

🎵「スターゲイザー」スピッツ(2004年)
28thシングル。「恋愛観察バラエティーあいのり」テーマソング。

🎵「魔法のコトバ」スピッツ(2006年)
映画「ハチミツとクローバー」主題歌。弦編曲も亀田が担当。

🎵「美しい鰭」スピッツ(2023年)
劇場版「名探偵コナン 黒鉄の魚影(サブマリン)」主題歌で最新シングル。

🎵「大きな古時計」平井堅(2002年)
本作で平井堅を初プロデュース。75万枚超えの大ヒットに。

🎵「瞳をとじて」平井堅(2004年)
売上90万枚で2004年度の年間シングルランキング1位

🎵「ホットミルク」いきものがかり(2006年)
デビューシングル「SAKURA」のカップリング曲。

🎵「笑ってたいんだ」いきものがかり(2011年)
「ホットミルク」以来、約5年4か月ぶりに亀田が編曲。

🎵「風が吹いている」いきものがかり(2012年)
NHKロンドンオリンピック・パラリンピック放送テーマソング。

🎵「鱗(うろこ)」秦基博(2007年)
本作で初めて秦をプロデュース。ベースも亀田が演奏。

🎵「サクラ色」アンジェラ・アキ(2007年)
同作などの編曲の実績により日本レコード大賞 編曲賞受賞。

🎵「染まるよ」チャットモンチー(2008年)
初めてチャットモンチーをプロデュース。以降多くの作品を編曲。

🎵「裏切り御免」The THREE(2008年)
映画「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」主題歌のため
布袋寅泰×KREVAさ×亀田誠治で結成。
KREVAが歌詞とボーカルを、亀田誠治がトラック制作とベースを、
布袋寅泰がギターとコーラスを担当

🎵「Sugar!!」フジファブリック(2009年)
11thシングル。亀田との初タッグ曲。

🎵「やさしさで溢れるように」JUJU(2009年)
以前、EIGHT JAMで武部聡志が「完璧な1曲」と絶賛

🎵「罪と罰」椎名林檎(2000年)

🎵「大きな古時計」平井堅(2002年)

🎵「やさしさで溢れるように」JUJU(2009年)

亀田誠治 の転機 2004年 ベーシストとしても新たなフェーズに!

2004年 東京事変のベーシストに!
当時40歳で初のバンドデビュー!
バンドと並行してプロデュースワークを!

🎵「群青日和」東京事変(2004年)

亀田誠治 スピッツ プロデュース

KREVAさんから亀田さんへ質問
Q:スピッツのプロデュースは何がきっかけで行うようになったのですか。
すでにキャリアのあるスピッツのようなアーティストをプロデュースするのは
ハードルが高くないですか?


(KREVAさん)
さっき椎名林檎さんの話が出て、手がつけられない人、
亀田さんお願いしますのパターンとちょっと違うじゃないですか。

スピッツはスピッツで、スピッツとして完成してた中で、
どこでどういう風にこう亀田さんに話が入ってきて、
どういう風に進めてるかなっていうのは気になる。

(亀田さん)
この時点で、「ロビンソン」とか「チェリー」とか「渚」とかも、
もうミリオンヒットを多発したもう国民的バンドがスピッツだったんですけど、

スピッツのマサムネさんが、あの当時、
チェキッ娘と椎名林檎さんアレンジしている亀田誠治さんと、
こんな振れ幅がある人と一緒にスピッツのアルバムを作っていったら、
そのスピッツの目指しているオルタナティブな世界であったり、
ポップな世界であったりっていうのが一緒に作っていけるんじゃないのかな
っていう…

草野さんからのお声がけいただきました。

(KREVAさん)
大変なことないじゃなかったんですか?

(亀田さん)
むしろ逆に、スピッツっていう国民的バンドと国民的ヒットソングがあることによって、
かえって、その先に、大きく跳べるような気持ちで…プレッシャーとかじゃなく…

チェキッ娘
活動1998年~1999年
テレビ番組から誕生したアイドル。
亀田が編曲・プロデュース

🎵「はじまり」チェキッ娘

🎵「さわって・変わって」スピッツ(2001年)

🎵「スターゲイザー」スピッツ(2004年)

🎵「魔法のコトバ」スピッツ(2006年)

🎵「美しい鰭」スピッツ(2023年)

亀田誠治 The THREE(布袋寅泰・KREVA・亀田誠治)結成

The THREE
映画「隠し砦の三悪人 THA LAST PRINCESS」の主題歌のため結成されたユニット

🎵「裏切り御免」The THREE(2008年)

KREVAさんコメント
なんかさっきから結構楽曲の話とかになってるけど、
これのプロデュースで、プロデューサーってこういう人のことを言うんだって
気付かされたっていうか…

最初の打ち合わせの時に、俺も布袋さんもみんな揃うの初めてでしたっけ…

俺と布袋さんに、亀田さんが直筆の封書の手紙を持ってきてくれて。
なんでこのメンバーでやるのか、 どういう風な曲にしたいのかで、
絶対にいいところに行ける
みたいなのが書いてあって。
だから「みんなで信じていい曲作りましょう」みたいなの書いてきてくれたりとか。

それだけじゃなくて、スタジオの雰囲気の作り方とか、そういうのも本当に上手だし、
いつも楽しんでるし。
布袋さんがなんか「ギター1回引き出すとすごいずっと弾くよ」って話はなんか聞いてたんです。
それで、だから 「KUREVAは後で来ればいいよ」みたいな感じで…

結構レコーディング終わりぐらい目指して行ったんですよ。
ちょうど終わりぐらいのところで、なんかだいぶやってた感じの…
そしたら布袋さんが次のギター取り出して、またブースに入ってっちゃう(笑)

そこからの、そのプロデュースワーク、いいですねって言いながらも、
やっぱりさっきの何がさっきの完成形に持っていった良さとかを、
出していったりとかして、なんか変な感じにならなく着地させてたり

亀田誠治 アイナ・ジ・エンド プロデュース

アイナ・ジ・エンド 亀田誠治プロデュース
2018年 ソロデビュー曲「きえないで」
2021年 1stアルバム「THE END」

🎵「きえないで」 アイナ・ジ・エンド (BiSH)(2018年)

アイナ・ジ・エンドさんコメント
「僕はいいと思うけど、アイナちゃんはどうですか。もう1回やりますか?」とか
ハモリとかもコードが変わるともう全然曲の印象が変わったりしてるんですけど、
作った時の感性とかをめちゃくちゃ理解してくれような…
そういう懐の深さは私が出会った中でも唯一無二です

亀田誠治さんコメント
アーティストがそのセオリーや理論とかとは全く違うところから
生み出しちゃってるものって、やっぱりその人その瞬間しか出てこないもんなんで、
絶対そこから何か新しいものって生まれるんですよ

そこを信じるというか

まあスタジオのレコーディング作業が楽しいんですよ

(KREVAさん)
レコーディング中、めちゃ踊ってるよね(笑)

(亀田さん)
亀ダンスっていうのがあるんですよ(笑)

亀田誠治の仕事_3.2010年代~現在 新たな挑戦期

2010年代~現在 新たな挑戦期

・2012年 back number 初プロデュース,
     亀田主催のベースコンテスト「亀田杯ベース選手権大会」開催
・2013年 GLAY 初編曲
     映画「彼女は嘘をあいしすぎている」
     劇中曲など音楽プロデュース 大原櫻子を発掘
・2014年 赤い公園 編曲
     11月11日を「ベースの日」と制定
・2018年 MISIA 初プロデュース
     GLIM SPANKY プロデュース
・2019年 大型フェス「日比谷音楽祭」初開催
・2020年 映画「意図」劇伴を担当
     翌年、日本アカデミー賞 優秀音楽賞受賞
・2021年 アイナ・ジ・エンド 初のソロアルバム プロデュース
・2022年 「ジャニス」ミュージカル 初プロデュース
・2023年 Ado 初編曲 

亀田誠治 が手掛けた名曲 2010年代~

🎵「DARK RIVER」GLAY(2013年)
GLAYと亀田の初タッグ。以降、多くの楽曲をプロデュース。

🎵「絶対的な関係」赤い公園(2014年)
ドラマ「ロストデイズ」主題歌。他にも多数の曲をプロデュース。

🎵「アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)」MISIA(2018年)
亀田は本作で初めてMISIAの楽曲をアレンジ。

🎵「愚か者たち」GLIM SPANKY(2018年)
松坂桃李主演の映画「不能犯」主題歌。

🎵「DIGNITY」Ado(2023年)
楽曲提供:B’z、編曲:亀田誠治の豪華タッグ。

🎵「DARK RIVER」GLAY(2013年)

🎵「絶対的な関係」赤い公園(2014年)

🎵「DIGNITY」Ado(2023年)

亀田誠治 とんでもないベースソロ 「金木犀」アイナ・ジ・エンド

🎵「金木犀」アイナ・ジ・エンド(2021年)

新井和輝さんコメント
亀田サウンドとアイナちゃんの曲が最高にマッチしているのですが、
この曲はなんといってもベースソロ
どう弾いているか全くわからないし、ここまで 主張していていわゆるドヤ感がないというか…
音楽に溶け込んでいるバランス感が最高です。

新井和輝さんコメント(その2)
僕、アイナちゃんのアルバムすっごい好きで。
金木犀」が1番好きなんですけど、普通にメロディーが良くて。

普通にカ―ステレオで聴いてたら 急にドゥルルってベースソロが入ってきて。

僕、その時覚えてるんすよ。高速乗る前だったんですけど。
聴いてて、俺1人で

おいおいおいおいおいって(笑)
やりすぎてるって(笑)

爆裂なベースソロが割って入ってきて、何がどうなったらこのソロがこの曲に入んのっていう
もちろん飛び出てはいるんですけど、それがドヤ感には繋がってないと思いつつ。
とはいえ「ドヤもあるのか?」「モテようとしてない?」「これどうなってんの?」と…

亀田誠治さんのベースソロを見た後のやりとり

(新井さん)
途中でピックに持ち替えている???

(亀田さん)
三味線みたいなのがやっぱりピックがないとできないんで…

(安田さん)
フレットのエンドまでいってますね…

(亀田さん)
足りなくなるの、俺めちゃ好きなの
足りないから、行くよー
ないの出すよー
ほんとこれが幸せ

亀田誠治さんのベースソロのいきさつ

(亀田さん)
アイナちゃんが大サビを作りたいと言い…

(アイナ・ジ・エンドさん)
Dメロっていう、もう絶対このメロ歌いたいんです。
歌いたいんですって言って持っていったらレーベルの方と亀田さんに
「いや、でもこの曲にはそれはいらない」と思いますと…

(亀田さん)
そこまでのこの「金木犀」の歌の流れがすごい美しかったので、
もう1個、アイナさんの、なんか情念で風景を書くよりも、
なんか1つ違うものが入ってきた方がいいんじゃないのかな
って思って…

(アイナ・ジ・エンドさん)
亀田さんに「一週間まってください」と言われた
そしたら、あのベースソロが入ってました
ここまでかっこよかったら、それはいらんわとなりました…

亀田誠治 「日比谷音楽祭」を初開催

日比谷音楽祭
企業の協賛金+行政の助成金+クラウドファンディング
→ 誰もが楽しめる無料の音楽祭

2019年「日比谷音楽祭」を初開催(実行委員長:亀田誠治)
トップアーティストが集結するのに無料!

亀田さんコメント
10年ぐらい前から、音楽の聴かれ方が、変わってきたんですよ。
日本の音楽業界で音楽を作っている僕もその1人の人間として、
例えばCDに 特典映像がついてたりとか、いろんな特典とかおまけみたいなものが
音楽にいっぱいつき始めるようになっちゃって。

コンサート見に行っても、大好きなアーティストのコンサート見に行っても、
なんかアンコールの前にみんな席立っちゃって、グッズ売り場にこう走ってっちゃったりとか、
なんかそういう景色を見てる中で

肝心の音楽どこ行っちゃってるんだろう

もうちょっと音楽がみんなの生活の中にこう染み込んで、
もう音楽無しではいられない、まずは音楽だっていう、そういった音楽文化というか、
みんなの生活の中に音楽を溶け込ませたいっていう気持ち
で、
ずっと5年間ぐらい葛藤があったんですとした。

で、そういう中で、たまたま訪れたニューヨークのセントラルパークで、
真夏に 音楽が風に乗って公園で聞こえてきて、なんか行列ができてて
その行列は、おじいちゃんもおばあちゃんが手繋いでたりとか、
あとはベビーカーを押してるう若夫婦がいたりとか、あと、ジョギング帰りのお兄ちゃんがいたりとかして…

で、「これ何やってるんですか?」って聞いたら、
「お前知らないのか。ニューヨークでは毎年ひと夏フリーコンサートをやってるんだよ、
みんな並べば見れるんだよ」
っていう 話を聞いて。

レジェンドアーティストから、ほやほやのアーティストたちが。
みんなが1つのステージに集まって、公園で、しかも野外で、
都会のニューヨークっていう街の真ん中で。 

それを聴くお客さんたちも本当に幸せそうに1日公演を。
でね、その音楽が流れてる、待ち構えてる瞬間と、なんかこう、
おまけばっかりの日本の感じが、ちょっとこれ違和感ある。っていう気持ちになってた時に、
東京に戻ったら、日比谷公園と日比谷の管理者の方から、
2023年に日比谷野音が100周年迎えて、日比谷公演が120周年迎えるから、
それに向けての音楽フェスを亀田さんやりませんか?
」と…

おーーーーー、神様が見てたと。
もうニューヨークで見てきたあの景色を再現するチャンスだと、
僕選ばれたんだと思って、この日比谷音楽祭の構想をに提案をしました。

ところが、ちょっと大きな掛け違いがあって…

(ナレーション)
亀田が依頼されたのは、普通の興行としての音楽フェス
フリーフェスへこだわる亀田には、ミュージシャン仲間から無理だという声も…

亀田さんコメント
いや、でも待って…
僕はニューヨークでその景色見てきたし、
ロンドンでもウエスト・エンド・ライブっていう、
あのミュージカルのスターが、1日ミュージカルの楽曲を無料で、
何万人のお客さんも前に演奏する日が1日あるよと。

ロンドンやニューヨークでできて、日本でできないわけがない

「あと1年ください」って言って、
自分からスポンサー集めに行ったりとか、
あとは、いろんなワークショップとかもやってるので、
教育事業として、助成金、補助金をもらったりと。

もう一方は、クラウドファンディングで、もう一般の方にも、
みんなで音楽好きだったら音楽を応援しようよと。
みんなで支えていく、いろんなところでみんなで応援していくっていう形を
作りたい
っていうことをみんなにこう共有して
今、日比谷音楽祭が開催されて6年目になります…

KREVAさんコメント
亀田さんじゃなかったら、絶対無理!

この話をしにいって「本当?」って思わせてくれる人って亀田さんしかいないと思うんです

「ほんと?あんた儲けない?」という人いっぱいいる思うだけど…

たまにちょっと、ちらっと見ると、「疲れてるかな?」だったりするので、
俺、いつも大きい声で入ってくるようにしてます
バンドメンバーだと思って、とにかくもう盛り上げたい

(サバンナ高橋さん)
なんか大好きになりましたし、
亀田さんに僕にできることは…
亀田さんが疲れた時におすすめのサウナを2店舗くらい紹介させてください(笑)

次回予告

【次回予告】
2024年6月23日(日) よる11時00分~
未公開、EIGHT-JAM FES

【アーティストゲスト】
亀田誠治、新井和輝(King Gnu/MILLENNIUM PARADE)、KREVA、アイナ・ジ・エンド、
大木伸夫(ACIDMAN)、菅原卓郎(9mm Parabellum Bullet)、志磨遼平(ドレスコーズ)

終わりに


音楽プロデューサー亀田誠治特集
ありがとうございます!


亀田さん、手がけるアーティストが大好きなアーティストばかりで事件です。
アレンジってすごいですね、プロデュースってすごいですね。
世界観が素晴らしすぎます。
いつも素晴らしい音楽をありがとうございます!


「丸の内サディスティック」名曲すぎます
亀田さんのベースソロがかっこよすぎます。
初めて聴いた時、ベースの音とか聴き取れなかったと思いますが、
なんか不思議な事をやっているという印象はありました。
今聴いたら、さらにヤバさを実感です。ただただ気持ちいい


■番組を見て思ったことを箇条書き
・林檎さんMAX好きなイメージは無かったです
・「100%亀注入」は名言すぎます
・「聴いた事がないからかっこいい!」これは同感すぎます
・「ないがち」
・レコードメーカーさんとやりとり「さらに俺たちのやりたいことを送る」最高です。
・「その時の瞬間の喜びにエクスタシーを感じるメンバー」この表現好き!
瞬間瞬間の音を楽しむメンバーなんですね。最高です。
・大好きなスピッツ、いっぱい流れてとても嬉しい!
・40歳でバンドデビューって素敵です
・チャットモンチー「染まるよ」のサウンドプロデュースもしていたんですね、名曲!
・The THREE知らなかったです。3人ともかっこいい。布袋さんのギターキレッキレ
直筆の手紙「絶対にイイところにいける!」「みんなで信じて良い曲作りましょう!」はかっこいい
・「レコーディング作業が楽しい!」最高です!
・「亀ダンス」最高です!


亀田さんのプロデュース力について、KREVAさんがお話されていた内容がとても勉強になります。
音楽プロデューサー、目指している方など絶対必聴です。これはすごい。
椎名林檎さんやアイナ・ジ・エンドさんにも感じましたが、
そのアーティストのいいところをググっと引き出す力が良いプロデューサーなんですね。
とても勉強になります。
引き出すための寄り添い方、空気づくり、コミュニケーション、お人柄、行動力、もう全てが
尊敬の域です。


日比谷音楽祭
音楽に対する熱い思いが素晴らしすぎて、感銘をうけました。
「みんなで音楽好きだったら音楽を応援しようよ」
今はクラウドファンディングという形もありますもんね。
行動力がすばらしい、そして実現。
尊敬しかないです。
とてもとても刺激を受けました。
亀田さんの特集、誠にありがとうございました。

そして、KREVAさんのやさしさにも感動です。
仲間素敵です。
ほんとありがとうございました。


「EIGHT-JAM」さん、
いつも素敵なゲスト、素敵なテーマ、楽しい番組、誠にありがとうございました!




椎名林檎さんの「無罪モラトリアム」は名盤中の名盤ですね。
全曲大好きです。

その中でも好きなのが、茜さす 帰路照らされど・・・です。

アウトロの河村"カースケ"智康さんのドラミングが最高に好きですー
ハットオープンクローズの鋭さ最高です。
終わり方、美しい☺、このアレンジ、ほんと神です。


🎵茜さす 帰路照らされど・・・椎名林檎

ありがとうございましたー

-関ジャム